Growth MessageからiOSの通知設定画面へ飛ばす方法

iOS8.0 以降の端末に限り、プッシュ通知を無効設定にしている人に向けて、Growth Message を使用して有効のメッセージを表示させ、プッシュ通知設定画面に遷移させることができます。以下実装例をご参照ください。

プッシュ通知の有効/無効の取得

下記リンク Growthbeat SDK 内のメソッドにて、プッシュ通知の有効/無効になっているか取得ができます。
http://support.growthbeat.com/sdk/ios/reference.md#プッシュ通知の有効無効を判定

上記メソッドで取得したデータをカスタムタグにて設定します。 例えば、下記のように設定します。

 [[GrowthPush sharedInstance] setTag:@"enableNotification" value:@"0 or 1"];

タグに関しては下記リンクを参照してください。
http://faq.growthbeat.com/article/16-article

こちらのタグで Growth Message 管理画面にてセグメントを作成します。

カスタムアクションの追加

カスタムアクションにて、 アプリの実装の中で設定画面に飛ばす実装を入れていただくと、遷移が可能になります。 下記リンクを参考に Growth Message のカスタムアクションの追加・アプリの実装・管理画面の設定を行ってください。
http://faq.growthbeat.com/article/28-growth-message

問題が解決しませんか? お問い合わせ お問い合わせ