Android SDKで使うCloud Messaging サーバーキーの設定方法

Cloud Messaging サーバーキーを新規に登録・更新・変更したい方向けに、
FirebaseCloud Messaging(FCM)を利用する際に必要な、APIキーの取得方法についてご説明させていただきます。

以前はGoogle Cloud Platform からAPIの利用ができましたが、 Firebase Consoleに変わりました。
(※ Google Cloud Platformとは異なりますので注意してください。)

まずは、プロジェクトを作成してください。

(※ 既存のGoogleプロジェクトがある場合は『Google プロジェクトをインポート』からFirebase Consoleにプロジェクトを追加して頂くとCloud Messaging サーバーキーが追加されます。)

プロジェクト作成後、プロジェクト名の横にある歯車マークをクリックし、『プロジェクトの設定』を選択します。

『クラウドメッセージング』タブを選択すると表示されるサーバーキーがGrowthPushのAndroidの証明書に入力して頂く値となります。

送信者IDはGoogle Cloud Platformのプロジェクト番号に該当し、senderIdとなります。

これで、FCMを利用するための設定は完了となります。

Firebaseでプロジェクトを作成後、Google Cloud Platformに作成したプロジェクトを追加して頂ければ、

Google Cloud PlatformからでもCloud Messaging サーバーキーを確認出来ます。

問題が解決しませんか? お問い合わせ お問い合わせ